2011年03月23日

今、出来ること。

 おちつけ。

 比較的安全な北海道だからこそ、まずは落ち着こう。
 テレビのアオリやネットの流言飛語などに惑わされないようにしましょう。

 さて、今日は募金関係で二つほど。

 まずは一つ目。
 日本赤十字社の動き。
 http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

 の「よくあるご質問」コーナーの一部を転載。

Q1.今回の義援金はどのように使われるのですか?
A. 「義援金」は、国内で発生した大規模災害に対して皆さまからお寄せいただくもので、全額を義援金配分委員会(※)に送金いたします。その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。

※都道府県が主体となって構成される委員会で、赤十字は構成メンバーの一員です。

 Q.日本赤十字社に募金した方が早くない? で予想したとおり、日本赤十字社で集めた募金は、再配分する予定の模様。

 ここで書かれている義捐金配分委員会は、通常、震災のあった各都道府県が作るもののようですが、何度も書いているとおり今回の震災は被害地が広域すぎるため、 「東北関東大震災の義捐金配分委員会」が設立されるのか、東北関東大震災で被害のあった「各都道府県ごとに義捐金配分委員会」が設立されるかによって、お金の動きが変わってくると思われ。

 後者だと日本赤十字社から各義捐金配分委員会へどれだけ募金を送るか?って問題もでてきますが、日本赤十字社が優先度が高いと判断した箇所から優先的に復興できるというメリットもあったり。

 でも、たぶん収集着かなくなって前者になりそうな気も。

 とりあえず方向性が見えるまで、粛々と募金運動を続けたいと思います。


 二つ目。
 先にお伝えしたとおり、毎年コスプレイベントを開催していただいている登別伊達時代村のホームページに、当活動が載りました。
 直接リンクだと http://www.edo-trip.jp/gienkin.html

 最初、「お知らせ」のコーナー辺りに載るもんだと思って見てて、「あら、載ってないな・・・。」と、思ってたら、その上に大きく・・・。
 扱いデカ過ぎて、逆に見落としてました。

 大々的でビックリだ。

 取り急ぎ、今日の日記はその二つをお知らせする日記でした。
posted by PSY-10 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192152706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。